KADOWAKI Group

粉体塗装を母体とする2つの会社の技術が
融合した粉体塗装専門工場です。
幅広い分野をカバーし、
お客様が求める塗装表現(色&質感)を
新たに創り出します。

CONCEPT

プロダクトは美しくなるが環境は汚していく。そんなコーティングではいけない。

粉体塗装は、液体ではなく粉状の塗料を静電気で付着させオーブンで焼き付けて硬化させる塗装方法です。有機溶剤を使わない、環境にも優しい塗装として、欧米諸国をはじめ世界中で採用されています。また、医療機器や福祉用具に対しても塗装品質とともにVOC(揮発性有機化合物)を全く含まないため体に優しい表面処理方法として採用されています。

私たちは、環境や自然を尊重し素材や資源を大切にすることで、自然との共生、共存をしていかなければいけません。 生産プロセスにおいては素材の材質、製造方法、リサイクル性、安全性などを十分考慮してい<ことが、企業としての責任でもあり、設計者、デザイナーの重要な役割となって来ています。 世界的に環境問題と安全性が注目される中、私たちは塗装という観点から地球環境や人体に優しい塗装方法として粉体塗装をご提案致します。

 

社長メッセージ
代表取締役 門脇正樹

私が初めて塗装の世界に足を踏み入れたとき、私は塗装の価値を全く分かっていませんでした。 塗装で人を感動させられる、人をシアワセな気持ちにできる、あるいは人の気持ちを変えられるなんて、思ってもいませんでした。
塗装は世の中に必要なものです。 でも世の中って誰だ?
塗装の価値を、 アタマでは理解していたけれど、 ココロでは実感していなかった。 一人の少女が、そんな私を変えてくれました。

車いすに乗っていたその少女は、当時私のムスメと同じ幼稚園に通っていたのですが、あまり幼稚園にも行きたがらない、 家からもでたがらない、そんな少女でした。

ある時、その少女は自分の車いすを、大好きなピンク色に塗り替えました。 それまでとても内気だったその少女が、車いすの色を変えてから、 幼稚園に行きたい、 と言い始めたんです。 それから笑顔も増えて友達もた<さんできて、 その少女の母親はとても感謝をしてくれました。 その少女のためだけに調色された特別なピンク、それはカドワキによる塗装だったんです。
私は大切な思い出として、 今でもたまにこのことを思い出します。
塗装は、世の中に必要なものなんです。 そして塗装は、人のハートに届くんです。

誰かのためにとか、何かのためにとか、そういう「思い」によって、品質というものができ上がつていくのだと思っています。思い一つで、 品質は変わる。

マスプロダクトのコーティングをおこなう「カドワキカラーワークス
一品モノのコーティングをおこなう「カドワキコーティング
力ドワキには思いの強い者たちが集まっています。頭にバカがつくくらい、強い思いを持った者たちが。

KADOWAKI COLOR WORKS

量産プロダクト

デザイン性の高い豊富なカラーによる量産粉体塗装を行うカドワキカラーワークス。お客さまのニーズに合わせ、塗装全般のプランニングを致します。

KADOWAKI COATING

カスタム、試作、商空間、デザインプロダクト

プロダクト製品の試作やカラーサンプルを中心に、一品一品こだわり高い品質を求めるカスタム品のパウダーコートを行うカドワキコーティング。他に類のない感動的なクオリティーと独創的な技術によるパウダーコートをご提供致します。

COLOR

色見本

RECRUIT

採用情報